洋風住宅に和モダン空間は合う

外観も含め、全体のデザインは洋風住宅なのですが、和モダン空間を取り入れる家が増えているという印象です。つまり、家の中に一室は和モダンな和室空間があるということです。

私の周囲に関しても、「なんで和室を作ったの?」と聞くと、「将来、仏間として使うかも知れないから」という現実的な回答をする人も多いのですが、しかしもちろんそれだけで一室だけでも和室を設けるための理由にはならないでしょう(その家にもよりますが)。

実際のところ、今では和モダンなデザイン設計の和室が登場しているからこそ、洋風住宅にも和室を取り入れる人が増えているのだと思います。だってやっぱり、全体の中から一室だけ空間が浮いてしまうのは躊躇してしまいますから。

こだわって家づくりをしているご夫婦ならば、なおのこと和室の違和感が気になるというものでしょう。しかし、今は「和モダン空間」という提案があるのです。畳にしても長方形の従来の形ばかりではなく、正方形デザインのものもあれば、襖のデザインも洋間に馴染むタイプのものも出ています。ホテルでも最近では和モダン空間が人気ですから、目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

それに和室は実際に使い勝手が良かったりしますので、「今、マイホームで和モダン空間が人気」だということにもうなずけます。

三重の工務店で新築一戸建てを建てるなら